これは欲し過ぎる!任天堂が「ミニファミコン」に続いて今度は「ミニスーパーファミコン」を発売か

35

2017.04.20

ども!ともぞうです。

いまや数多くの昔遊んだ名作がスマホでリメイクされていますが、アクション系はスマホでの操作には限界があり不満を抱いている方も多いハズ。

そんな懐かしいゲームを手頃な価格でまとめて遊べると言うことで、昨年2016年11月に任天堂が発売した「ミニファミコン」は当初より売り切れが続くほどの人気となっていました。

そして皆さん思い出のゲームがたくさんあるであろう「ミニスーパーファミコン」が出ると海外メディアが報じてるんです!

「ミニファミコン」の次は「ミニスーパーファミコン」

子供の頃に夢中になったゲームってふと懐かしくなって大人になってから遊びたくなりますよね。

それを見越してか最近、ファミコンをそのまま再現された「ロックマン」などがリリースされていますが、いかんせんスマホだとアクションゲームの操作はきついんですよね。

そんなこともあり、『スーパーマリオラン』はタップだけで操作できるようにした訳ですが、それはそれで何か違う…という訳でして。

そんなレトロゲーやりたい心をくすぐるように昨年、任天堂が発売したのが「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(以下、ミニファミコン)」。

当時のファミコンのデザインそのままに少し小さくした本体に30種類のゲームが収録ということもあり、予約の段階で入手困難。発売後も売り切れが続いたこともあって、話題になったのでご存じの方も多いハズ。

レトロゲーを遊べる互換機は数多く出てるのですが、公式が当時のデザインままに発売するなんて滅多にないことだけに、なんと世界で150万台も売れたそうですよ。

こうなると次は収録タイトルの違う第二弾が出るのか?などの憶測もあったのですが、なんと海外ゲームメディアEurogamerによると、「ミニスーパーファミコン」の開発が進んでるっていう話があるそうなんです。

発売時期はクリスマスあたりとのことで、「ミニファミコン」が11月に出たことを考えると同じくらいのタイミングということはありえそうですね。

さらに関連するかのように「ミニファミコン」は、生産の一時停止を公式ページを先日、発表していたんです。

こうなると俄然期待したくなる訳ですが、問題は収録タイトル。

勝手に予想しちゃうと、「スーパーマリオワールド」あたりは外せないでしょうし、

Photo by Amazon.co.jp

ヨッシーアイランド」も捨てがたいですよね。

Photo by Amazon.co.jp

そして友達と対戦しまくった記憶がある人も多いと思うのが「スーパーマリオカート」。

Photo by Amazon.co.jp

3Dグラフィック風の画像が衝撃だった「スーパードンキーコング」。

Photo by Amazon.co.jp

初期タイトルで外せない名作と言えば、「F-ZERO」もありますよね。

Photo by Amazon.co.jp

そうそう、初期のタイトルと言えばマリオ像なんかもあった「シムシティ」も入れて欲しい。

Photo by Amazon.co.jp

後は対戦パズルとして熱い「スーパーぷよぷよ」もお願いしたいところ。

Photo by Amazon.co.jp

あーあとは「ストリートファイター2」なんかも、当時はやりまくったなーという人も多いハズ。

Photo by Amazon.co.jp

とこの辺のタイトルは鉄板の名作として、上げていけば切りが無いのでこの辺にしておきますが、これらが懐かしのコントローラーで遊べるとなると欲しくなりますよね。

さて、皆さんはどんなタイトルが入ってたら買っちゃいそうですか?

追記
記事内にて「スーパーマリオワールド」とするところを「スーパーマリオランド」と記載しておりました。お詫びして訂正いたします。

参考:Eurogamer.net

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事