【流出】背面Touch ID、まじで来るかも…新たな図面の信ぴょう性はいかほど?

32

2017.04.20

こんにちは、yumiです。

最近、図面やレンダリング画像の流出が続いている次期iPhoneのプレミアムモデル(通称:iPhone 8)ですが、カメラレンズは縦並びに、そしてTouch IDが本当に背面搭載となるかもしれません。

リーク情報に定評のあるソニー・ディクソン氏が、新たな図面をTwitterに投稿しています。

カメラは縦並びに、背面Touch IDがまじで来る?

これまでAppleに関するさまざまなリーク情報を公開してきたソニー・ディクソン氏。

例えば大型化が噂されていたiPhone 6/6 Plusの際は、大きさの異なる2端末を横並びで収めた写真を公開していました⇓ 実際の6/6 Plusとほぼ一致しますね。

そんなディクソン氏が今回公開したのは、iPhone 8のものと見られる図面。それがこちらです⇓

切れてしまっていますが、漢字のスタンプが押されているので、おそらくFoxconnかPegatronといったiPhoneの組立を担当している工場で使われている図面かと思われます。

肝心の描かれている図面ですが…まずカメラが縦並びになっているのが確認できますね。

そしてAppleマークの下にTouch ID用と思われる穴があいています。

さらに高さや幅の数字も書かれていますが、これは先日流出したこちらの図面の寸法とまったく同じ。

さて、この図面はどの程度信憑性があるのか…以前もご紹介した通り、Apple製品は

  1. EVT(技術確認試験)
  2. DVT(設計確認試験)
  3. PVT(生産検証試験)
  4. 生産開始

という工程に沿って進みます。先日流出した図面は「EVT(技術確認試験)」と言われる初期の試作機の図面でした。

そして今回流出した図面を見てみると…肝心な部分が…切れてる/(^o^)\

意図的に切られているような気もしますが、時期的に考えるとおそらく前回同様「EVT」もしくは1つ進んで「DVT」あたりかと考えられます。

別デザインのEVTもあるはずなのでまだまだ分かりませんが…背面Touch ID、現実味を帯びてきましたね…。

参考:9to5Mac

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事