Uber「運転手の年収は1,000万円」と謳い22億円の罰金!実際の年収はいくら?

17

2017.01.25

こんにちは、yumiです。

残念ながら日本では「プロが運転する高級タクシー配車サービス」としてしか使えない『Uber』ですが、アメリカを始めとした国々では「一般人が自分の空き時間と自家用車を使って他人を運ぶ配車サービス」として利用されています。

一般人が「小遣い稼ぎ」として運転手になれるわけですが、この度その運転手の年収について「誇大広告だ」と指摘されてしまい、Uberは22億円超えの罰金を支払うことになったそうなんです。

しかしその広告内容には驚きの事実が…。

Uberが誇大広告で罰金

アプリ1つで呼べたり、クレジットカードを登録することにより現金でのやり取りが不要(ぼったくりの心配もなし)という『Uber』。

運転手も自分の空いた時間にお小遣い稼ぎができる、まさにWin-Winなサービスなんですが…どうやらUberは運転手の年収に関して誇大広告を行っていたそうなんです。

Photo credit: pictures of money / Foter / CC BY

というのもUber公式サイトに「Uber運転手の年収中央値」は、

  • ニューヨーク:9万ドル(約1,000万円)
  • サンフランシスコ:7万4,000ドル(約840万円)

と表記されていたのだとか。

いや〜これはさすがに高すぎますよねぇ(苦笑)。連邦取引委員会(FTC)もさすがに「嘘だろ」と思ったのか、Uberを調査したようです。

そしてこの度FTCが発表した「実際のUber運転手の年収中央値」は、

  • ニューヨーク:6万1,000ドル(約690万円)
  • サンフランシスコ:5万3,000ドル(約600万円)

とのこと。

…って、え(  Д ) ゚ ゚

確かに1,000万円は言い過ぎですが、それでも690万円!?

しかもこれ、平均じゃなくて中央値ですからね…690万円…。

690万円を1,000万円と言っちゃったUberは誇大広告で2,000万ドル(約22億円)の罰金を支払うことになったそうですが、690万円でも十分夢がある金額だった気がします。

転職サイトDODAによると、日本の年収中央値は30歳で400万円、40歳で500万円、50歳で650万円。Uber運転手、まさにアメリカンドリームですよねぇぇぇ。

参考:GIZMODO

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事