【240円⇒無料】通知センターでさくっと確認!通信量チェッカー「Data Widget」が無料のセール中

31

2017.01.17

ども!ともぞうです。

iPhoneを使ってるとどうしても気になるのが、上限を超えると通信速度が制限されてしまう毎月のデータ通信量ですよね。

あれ?どうも通信量が遅い…となる前に気付きたいものですが、そんな時に役に立つ通信量チェッカー『Data Widget』が無料セールをやっていたのでご紹介します。

アプリを開かなくても通知センターで最新の通信量が確認できて、あとどれくらい使っても大丈夫か分かるのでおすすめですよ!

リアルタイムで計測して、通知センターで現在の通信量を表示

契約しているプランの上限に達すると通信速度が制限されることもあり、今どのくらい通信量を使っているかってどうしても気になります。

設定のモバイルデータ通信を毎月ちゃんとリセットして確認するのが一番正確なのですが、いかんせん面倒くさいですし、

キャリアによってはサポートアプリや専用ページで通信量を確認できますが、これもマメに見るかと言われれば見ないですよね。

そこで使うと便利なのが通信量チェッカーアプリなのですが、使い勝手がいいやつは有料なのがたまにキズ。

そんななかちょうど普段は240円の有料アプリである『Data Widget』が、無料のセール中だったのでご紹介します。

『Data Widget』は通知センターのウィジェットで使うことをメインに現在どのくらい通信量を使っていて、あとどのくらい使えるのか見られるアプリ。

アプリ内の表示は全部英語ですが、設定は簡単で最初に計測データをリセットする期間を選んで、

計測を開始する日にちを選びます。docomoとauは末締めなので1日を選べばOKで、ソフトバンクは数種類の締めがあるので自分の締め日を確認して設定しましょう。

続いて契約しているデータプランを入力。

最後に今日現在で使っている通信量を調べて入力すれば設定は完了です。

あとは通知センターで『Data Widget』のウィジェットを追加すればOK。

これで後は何もしなくてもいつでも、通知センターで現在の通信量をさくっと確認できるようになりました。

簡単に表示の説明をすると、横向きの棒グラフはプランの容量。数字は「月の累積通信量 / 残りの通信量」を表していて、

青い線と▲マークは残りの日数がどのくらいあるのかを示しています。記事を書いているのが1月17日なので▲はだいたい真ん中よりちょっと右にあるという具合です。

上記の画像では表示されていないのですが、日々使っていくと上に縦の棒グラフが表示されるようになり日々どのくらい使ってるかもざっくり把握可能。

こーんな感じで使える『Data Widget』ですが、計測される通信量が正確かどうかは気になりますよね。

そこでYoutubeで動画を再生した際の通信量を、設定で確認できるモバイル通信量と『Data Widget』で比べてみると…

設定のモバイル通信量は48.5MB、『Data Widget』は49.6MBと言う結果に。

その後、数回繰り返し確認してみたのですが『Data Widget』のほうが約3-5%ほど多めに出ていて、完璧とは言えない結果ですが少なく計れるよりはマシではないかと。

それよりもいつでも通知センターから通信量を確認できる利便性を考えれば、これが無料で使えるなら十分じゃないですかね。

Data Widget』のセール期間に関しては明記がなかったので、とりあえず有料の通信量チェッカーを試してみたいという方は無料のうちにぜひダウンロードしてお試し下さい!

Data Widget
ユーティリティ
240円 ⇒ 無料

※アプリの価格は記事執筆時点でのものとなります。かならずアプリの価格を確認の上、ダウンロードをお願いいたします。

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事