一体なぜ?Amazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited」で一方的に配信停止され講談社が抗議する事態に

21

2016.10.04

by ともぞう

ども!ともぞうです。

ついに来たか!と言われ登場した「Kindle Unlimited」ですが、読めるコミックスの種類が少ないなど出だしから微妙だなと感じていた方もいらっしゃいますよね。

そんなAmazonの「Kindle Unlimited」ですが、ここに来て講談社が配信している作品を一方的に削除されたとして異例の抗議文を掲載して話題に

一体なぜそんな事態になってしまったのか、「Kindle Unlimited」の仕組みを解説しつつご紹介いたします!

普及を狙って出版社に対し日本独自の上乗せ支払い契約をしたのが原因か

Amazonの「Kindle Unlimited」は、その名の通りKindle本が月額980円で読み放題となるもので今年の8月からスタートしました。

しかしながら対象となるコミック・書籍などのKindle本が読み放題になる!と期待した反面、コミックは種類が少ないなどがっかりした方も多いハズ。

そんな「Kindle Unlimited」に異変が起きたのは、8月末頃。朝日新聞デジタルによれば、人気のコミック、写真集や書籍の配信が急に止まるなどの異変が起こりはじめました。

これはてっきり一部の作品が配信停止をしたりしているだけだろうと思ったのですが、見て歩く者 by 鷹野凌の調べによると、総配信数が開始当初は14万点超だったのが、9月には約13万3千になり、10月1日現在では約12万9千まで減少しているとのこと。

なんとなくサービスが続けば収録点数が増えていきそうな気がしないでもないのですが、これが減るというのはやはり何かおかしい…。

これはてっきり出版社が本の読まれ具合で、本が売れなくなるから配信を停止するなどしていたんだろうと思っていたのですが、どうやら一概にもそうでもないようなんです。

というのも昨日、講談社が突然「アマゾン「キンドル アンリミテッド」サービスにおける 講談社作品の配信停止につきまして」という抗議文を出したからなんです。

Photo by 講談社

内容は「Kindle Unlimited」におけるAmazonのやり方に抗議をするもので、その経緯を整理すると以下のように。

ランキング上位のものを含め10数作品が事前連絡なく配信停止になる

Amazonに対して抗議と配信再開を求める

Amazonから回答を待つ

9月30日夜 事前連絡なしに講談社の作品1000以上を配信停止

講談社激おこ!抗議文を掲載 ←イマココ

つまり作品の配信停止はどうやらAmazonの一存で行われており、なおかつ抗議と再開を求めたら一方的に配信作品を全て消されたということですね。

そりゃさすがに出版社も怒りますよ。「書目を提供してきた出版社として大変困惑し、憤っております。」なんて公式の文章で書くなんて相当ですからね。

さて一体なぜこんなことになってしまったのでしょうか? ヒントとなるのはAmazonが日本で「Kindle Unlimited」を開始するにあたって、参画する出版社を増やすために結んだとされる契約にあるようなんです。

その詳細は不明なのですが東洋経済オンラインによれば、その内容は2016年12月31日までは読まれた量や提供作品数に応じて追加料金を払うというものだったようなんです。

これに関しては朝日新聞デジタルでは、出版社に対し「想定以上読まれており、追加料金の予算が不足した」「このままではビジネスの継続が難しい」などとAmazon側から説明があったとしています。

結局、「Kindle Unlimited」の配信作品数を増やすために「期間限定で追加料金を払う契約」で多くの出版社に参加してもらうつもりだったのが、結果的にその契約が自分のクビを締めることになったようですね。

と言っても、読み放題サービスを継続するには出版社との信頼関係は欠かせないはず…予算が足らないからと言って一方的に切ってしまってはもう信用なんてできません。

現時点ではこの件に対する正式なAmazonのコメントは出ていませんが、今後の動き次第では他の出版社も撤退なんてこともありえます。

なんて書いていたら、記事執筆中に小学館も170以上の作品が配信停止されているとして、改善を申し入れた模様。

サービス開始から2ヶ月ちょっとにも関わらずすでに泥沼の「Kindle Unlimited」ですが、ユーザーとしてはより多くの本が手軽に読める読み放題サービスは重宝するのは事実。ぜひ出版社とは良い関係を維持して、サービスを継続してもらいたいものですね。

ドコモのiPhoneをチェックする

 誰も見てないと思うけど、本当に良いよ。

「AppleCare」に入り忘れた方はコチラ

 条件は最強なのに知られてない↑

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事