方向音痴も安心! 人混みで迷子にならないために使いたいナビアプリ5選

13

2016.05.05

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

世間はゴールデンウィーク。あまり土地勘のない場所へ出かける方も多いと思いますが、そんな時につらいのが方向音痴

ただでさえ道に迷うのに、慣れない観光地ではますます危険です!

ということで今回は、人混みで迷子にならないために使いたいナビ系アプリを5つご紹介したいと思います!!

1.Google Maps

Google マップ
ナビゲーション
無料

まずは定番、Googleマップアプリから。

電車の乗り換えや徒歩経路、屋内地図、ストリートビューなどなど、地図アプリとしての基本がつまった便利アプリ。

地図を問題なく読めるのであれば、これほど便利なアプリはありません。ダウンロードするだけで道に迷うことがグッと減るはずです!

無料で多くの機能が利用できるので、まずはこちらをダウンロードしましょう!!

2.MAPS.ME

MAPS.ME
旅行
無料

次にご紹介するのもマップアプリ。ただしこちらは、電波がない環境でも使える「MAPS.ME」という名前のオフラインマップアプリです。

あらかじめ向かうエリアの地図をiPhone内にダウンロードしておくことで、山奥や海沿いといった電波の届きづらいエリアや海外などで活躍してくれます!

オフラインマップは有料のものが多いですが、こちらは無料。Googleマップアプリでも提供されていない国内マップのダウンロードにも対応しているのでおすすめです!!

3.Waaaaay!

Waaaaay!
ナビゲーション
無料

地図を読むのが苦手な人にオススメのなが「Waaaay!」。

このアプリで画面に表示されるのはコンパスのみ。目的地を設定したら、コンパスの指す方向へ進むだけで目的地に着くことができます!

一人で使う「目的地に行くモード」と、友だち会うために使う複数人用の「待ち合わせモード」 が搭載されています。

道が分からなくてもとりあえずコンパスの指す方向へ行けばオーケー。単純明快なので使いやすいアプリです!!

4.JR東日本アプリ

JR東日本アプリ
ナビゲーション
無料

迷いやすい屋内ナンバーワンといえば、都内の駅構内ですよね……!特に地方から観光へ来られた方は、どこをどう移動していいか分からず混乱されると思います。

そんな時に便利なのが「JR東日本アプリ」。このアプリでは、JR東日本の全駅の構内図&駅設備情報&時刻表のほか、主要駅のホーム案内図を見ることができるのです!

東京の玄関口である東京駅や上野駅、迷いやすい新宿駅などで便利に使うことができます。

都内へ観光に訪れる際はぜひ利用してみてください!!

5.MapsFan AR

MapFan AR Global
ナビゲーション
無料

5つ目は、ARを使ったナビアプリ「MapsFan AR」です。

このアプリはカメラを通した実際の景色に徒歩ルートを投影して道案内してくれる画期的な機能を搭載。以下の画像のようにルートが緑色のラインで表示され、それに沿って進むことで目的地に着くことができます!

実際に動作している様子は以下の動画で確認できます。チェックしてみてください!!

ということで、便利なナビ系アプリを5つご紹介しました。

基本のものから少し変わったものまで、どれも便利に使えるものばかりなはずです。ゴールデンウィーク中に限らず、ぜひ活用してみてください!!

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事