iPhone SEはやっぱり5sにそっくり!? ケースのレンダリング画像が流出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.03.10ウワサ

どうもハンサムクロジです。

今月下旬にも発表されると見られているiPhone SE。そのケースとされるレンダリング画像が流出したとMacRumorsが伝えていました。

レンダリング画像は有名ケースメーカー「Spigen」によるものだそうです。iPhone SEは、このレンダリング画像のような端末デザインとなるのでしょうか!?

iPhone 5sからの変化は少なそう?

流出したレンダリング画像は以下のとおり。

ケースで隠れている部分が多いので、丸みがあると言われているエッジ部分については確認できませんが、その他のパーツについてはiPhone 5sとほとんど変化が無いように見えます。

音量ボタンは丸く、電源ボタンはiPhone本体の上部に設置。カメラのレンズやフラッシュについても、見た目の変化はありません。複数のケースメーカーから「iPhone SEは5sと同じサイズである」という情報も得ているとのこと。

先日お伝えしたデザイナーが作成したモックアップで、「iPhone 5sバージョン」「iPhone 5sとiPhone 6/6sの中間バージョン」「iPhone 6/6sバージョン」の3種類が公開されていましたが、このレンダリング画像を見る限り、iPhone 5sバージョンに近そうな…?

細かいデザインについては実際と異なる部分もありそうですが、4インチiPhoneの発表が楽しみになる情報でした!

参考:MacRumors

関連する記事

コメント