iPhoneが起動しなくなる「1970年1月1日」バグ、次期アップデートで修正へ! Appleが発表

2016.02.16Apple

どうもハンサムクロジです。

以前、iPhoneの日時を「1970年1月1日」に合わせて再起動するとiPhoneがうまく動作しなくなってしまう不具合についてご紹介しましたが、その不具合についてAppleがサポートページを公開しました。

Appleはすでにバグについて把握しており、次期ソフトウェアアップデートにて修正することを約束しています!

悪質なデマなどでバグが広がる

不具合が見つかった時に懸念したとおり、Twitterなどで今回のバグを利用したデマの被害が広がっていました。

今回はその影響が大きかったのかAppleがサポートページにて「手動で日付を1970年またはそれ以前に設定すると再起動できなくなる」バグを「次のソフトウェアアップデートで改善される」と公開しています。

ソフトウェアアップデートによって不具合が解消されれば、日付の変更によってiPhoneが動作しなくなる心配がなくなります。不具合による被害を収束させるためにも、ぜひ急いでアップデートを提供していただきたいところですね。

アップデートが提供されるまでは、「日付を1970年1月1日に変更するとiPhoneが軽くなる」などといった悪質なデマに充分注意して、日付の設定を変更しないようにしましょう!


絶対試しちゃいけない「1970年1月1日」バグをもっと詳しく

参考:Apple

関連する記事