万が一の時にも安心!海外旅行で役立つ『Evernote』活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.02.12有名アプリの小技

こんにちは、yumiです。

今年のゴールデンウィークは最大で10連休ということで、旅行を計画している方も多いですよね。

そこで今回は、海外旅行の際に役立つ『Evernote』活用法をご紹介します。

昨年、実際に私が海外へ訪れた時に便利だったものばかりなので、役立つこと間違いなし(のはず)ですよ〜☆(ゝω・)v

1.航空券のeチケット

eチケット(電子航空券)はプリントアウトして空港まで持参する必要がありますが、もしもそれを忘れてしまった時のためにEvernoteに入れておくと安心です。

2.ビザ

日本のパスポートを持っていると、旅行の際にわざわざ訪問国からビザを発給してもらう必要はありませんが、もしもビザが必要な国へ行く際はコピーをとっておきましょう。

アメリカの「ESTA」など、ビザではないけど渡航申請しなければならない国もあるので、こちらもコピーをお忘れなく。

3.最終日程表

旅行の日程が書かれた最終日程表。「帰りの飛行機は何時だっけ」「ホテルに何時集合だっけ」と忘れないとも限らないので、こちらも保存!

4.パスポート

海外で盗難の被害にあった時のことを考えると、念のためコピーしておくと安心です。

飛行機内で「出入国カード」を書く時も、Evernoteのオフラインノート(※1)に保存しておけばいちいちパスポートを取り出す必要がないので便利ですよ。

※1 オフラインノートは有料会員向けの機能です。

5.空港の地図

Wi-FiルーターやSIMを借りられる場所は?送迎バスはどこに来る?などなど、広い空港では迷いがち。さらに設置されている地図だとちんぷんかんぷん!という事態にもなりかねないので、事前に空港の地図を保存しておきましょう。

ちなみにツアーを事前に申し込んでいた場合は、送迎・集合場所なんかも控えておくと慌てずに済みますよ。

6.ホテルの住所と電話番号

空港に送迎のバスなどを頼んでいない場合、自力でホテルまで向かわないといけません。そんな時住所があると、案内所や道行く人に聞く時便利です。

さてここからは、万が一トラブルに巻き込まれた時に役立つものをご紹介!

7.海外保険

なにかあったら時のために…と加入する海外保険。連絡先などが書かれている契約証のコピーをとっておきましょう!

8.日本大使館の住所と電話番号

事前に訪問する国にある日本大使館の住所と電話番号を控えておくと安心です。タクシーなどに乗った時なども見せるだけで通じるので楽ちんですよ。

外務省の在外公館リストはこちら

9.クレジットカード番号とクレジットカード会社の電話番号

財布を紛失されたり盗難された場合、真っ先にクレジットカードを止める必要があります。

そんな時のため、財布に入っているクレジットカードの番号や有効期限、そしてクレジットカード会社の連絡先などを控えておきましょう。

10.緊急連絡先

日本にいる家族の携帯番号なども念のため保存しておくといいかもしれません。自宅の電話番号は覚えていても、すぐに連絡のつく携帯番号は覚えていない人が多いのでは?

ということで、海外旅行で役立つEvernote活用法10個をご紹介しました。

幸いにも私は緊急連絡先などを使う場面には遭遇しませんでしたが、万が一のことを考えると精神的にもラクかなと思います。

近いうちに旅行や出張の予定がある方、ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連する記事

コメント