GoogleがAppleに1,000億円を支払う?IBMがUstreamを買収!1月22日のiPhoneニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.01.22ニュース

こんばんは、yumiです。

みなさま本日も1日お疲れ様でした!

さて1日の終わりにiPhoneのニュースを始めAppleやアプリ、そのほかウェブサービス等、”今日の話題まとめ”をチェックしておきましょう!

1月22日のiPhoneニュース

Google、Appleに1,000億円払っていた?

iOSに搭載されている『Safari』のデフォルト検索エンジンとして使ってもらうため、GoogleがAppleに10億ドル(約1,170億円)を支払っていたことが明らかに。

1,000億円以上とは額がハンパじゃない…と思いますが、『Safari』のデフォルト検索エンジンとして利用されることにより、Googleは78億ドル(約9,200億円)の売上を上げているそうですよ。そりゃ1,000億円払いますな…w

Google、iPhone等の標準検索エンジンの座に1,000億円以上支払っていた! (by iPhone Mania)

Apple、イタリアやカナダに施設を開設

AppleはiOSアプリ開発者向けの支援施設「iOS App Development Center」をイタリアに開設することを発表。iOSアプリ開発に必要なカリキュラムなどを提供するそうですよ。

Photo via Visualhunt.com

さらにカナダには、イギリスのケンブリッジや日本の横浜に続き研究施設を開設する模様。ここでは自動車関連の研究が進められると見られています。

世界中に関連施設を作るApple、現地の雇用にも大いに貢献しそうですね。

Apple、イタリアに「iOSアプリ開発センター」を開設 (by マイナビニュース)

IBM、Ustreamを買収!

先月、「Ustream」の日本法人が2016年1月に撤退するとお伝えしましたが、この度IBMが1億3000万ドル(約152億円)でUstreamを買収したことを発表。法人向けの総合的なクラウド動画サービスを提供しようと考えているようです。

Photo credit: ChrisDag via Visualhunt.com / CC BY

今までのUstreamがどうなるのか、今のところまったく分かっていませんが…ユーザーとしてはぜひとも継続していただきたいですね。

IBM、Ustreamの買収を発表 (by GIZMODO)

ということで、今日のiPhoneニュースをお届けしました。それでは皆様、おやすみなさい( ˘ω˘)Zzz

関連する記事