【小技】機内モードだと充電時間が短縮できる!?本当かどうか試してみたぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.02小技


こんにちはyumiです。

前に「電子レンジでiPhoneを温めると一瞬で充電できる」という噂がありましたが、これは真っ赤なデマでした。

しかし実際に試す人がいたほど、みなさん少しでも充電時間を減らしたいと思ってますよね。そこで今回は「充電時間を短縮する小技」をご紹介します。



機内モードで充電時間を短縮する小技

充電時間を短縮するにはiPhoneを機内モードにするだけ!

iPhone「設定」→「機内モード」、または「コントロールセンター」から設定できます。
37-2

確かに電波を受信しない「機内モード」なら充電が早く出来そうですが…どのくらい効果があるのか実際に試してみましたよ!

本当に早く充電できるのか試してみた

計測方法は
    • バッテリーが5%増えるまでの時間を計測
  • ロックはせず画面点灯したまま
  • 『時計』アプリのストップウォッチで時間を測る
  • 『時計』以外のアプリはバックグラウンドから消去
このルールの元、まずは機内モードにせず通常通り充電した場合から測ってみます。

◆通常充電の場合

バッテリー50%から早速スタート!
11-1

通常モードでバッテリーが5%増えるのにかかった時間は…11分27秒93!なんと10分以上もかかりました。
41-2-1

続いて「機内モード」を試してみましょう!通常の充電方法だと2分で1%ぐらいの計算なので、機内モードでは是非とも2分を切って欲しいところ…。

◆機内モード充電の場合

では先ほどと同じルールで、バッテリー50%が55%になるまでを測ってみます。
34

機内モードでバッテリーが5%増えるのにかかった時間は…4分59秒45。なんと通常充電の半分以下!
35-1

まさかここまで差が出るとは驚きです…!

◆結果
  • 通常充電は5%の充電に11分27秒93かかった
  • 機内モードは5%の充電に4分59秒45かかった
ということで「機内モードだと充電時間は短縮できる」は本当でした。外出前など「あんまり時間ないけど少しでも充電したい」という時に是非お試し下さい!

※新サービス開始のお知らせ&ライター募集について
1 yumi(yummyumi)はこう思う!
まさかここまで差が出るとは…これからは常に機内モードで充電しようと思いますッ!
期間限定でアプリが格安で手に入るセール情報や、iPhoneの最速情報はコチラが便利です。
■更新情報をTwitterで確認する!
■更新情報をFacebookで確認する!
■更新情報をFeedlyで確認する!
■アップス!の記事が読めるアップス製アプリかみあぷで確認する!

 

 

関連する記事

コメント