面倒なID・パスワード入力とオサラバ!便利すぎるiOS7.0.3新機能「iCloudキーチェーン」を設定しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.23Apple, ニュース

keychain


本日配信されたiOS7.0.3の目玉新機能「iCloudキーチェーン」。一度設定しておけば、ウェブサイトのID・パスワードを自動で入力してくれてログインがラクラク!しかも、他のiOS端末やMac間でもID・パス情報を同期できるんです。

ということで、一度知るともうこれなしには生きられない超便利な「iCloudキーチェーン」の設定方法をバッチリ解説しちゃいます!



iCloudキーチェーンって何?

色んなサイトのログインIDやクレジットカード番号、いちいち入力するのは面倒くさいですよね。そんな私たちの代わりに、iCloudがまとめて記憶してくれる機能が「iCloudキーチェーン」。

一度設定しておけば、後はログインが必要な時にSafariが自動で入力してくれます。さらに、iOS7搭載のデバイス、OS X Mavericksを搭載したMac間で同期することもできちゃうんです!

qq

それでは、さっそく設定してみましょう。

iOS7.0.3にアップデートしたら、「設定>Safari>パスワードと自動入力」に進み、「ユーザ名とパスワード」をオンにします。これで準備オッケー。

IMG_7496-1

あとは、Safariでウェブサイトにログインする際に、「パスワードを保存」をタップすれば保存完了!以後、同じサイトで二度と入力しなくていいはず。

eee


iCloudキーチェーンの真骨頂!iPadやMacと同期する方法

先ほどiPhoneで登録したID・パスワード情報を、iPad(iOS7.0.3)やMac(OS X Mavericks)にも同期したい!って時の設定方法はこちら。

まずは「設定>iCloud>キーチェン>iCloudキーチェーン」をオンにして、iCloudにサインインします。「iCloudセキュリティコード」の登録を求められるので、端末パスコードor別のコード(忘れないように…)を設定しましょう!

IMG_7498

次に、AppleからSMSを受信するのための電話番号を入力します。しばらくすると、確認コード付きのSMSが届きます。

aaaa

最後に、同期したいiPadやMacの「iCloudキーチェーン」にて、先ほどの確認コードを入力すればOK。これで、一度入力したアカウント情報やクレカ番号が端末間で同期され、再入力が不要になります!

ss

便利すぎるiCloudキーチェーン。皆さんも今すぐ設定してみてくださいね!

期間限定でアプリが格安で手に入るセール情報や、iPhoneの最速情報はコチラが便利です。
■更新情報をTwitterで確認する!
■更新情報をFacebookで確認する!
■更新情報をFeedlyで確認する!
■アップス!の記事が読めるアップス製アプリかみあぷで確認する!

 

関連する記事

コメント