iPhone 5sではメモリ解放アプリが使えない!? 開発者が「不可能である」と発言

2013.09.25アプリ


どうもハンサムクロジです。

今もお世話になっているかたの多いメモリ解放系アプリが、iPhone 5sでは意味を成さないことが分かりました。

メモリ解放アプリ『SySight』の開発者のかたが、iPhone 5sではメモリ解放アプリを作ることは不可能だとブログにて発言していました。残念ですが5sでそれらのアプリは使えなくなってしまうようです……。

 



マルチタスクからこまめにアプリを消しましょう

記事によると、iPhone 5sにおいてメモリの解放ができないのは64bitCPUの挙動によるものなのか、OSのバグによるものなのかは不明であるものの、メモリが解放されることはなく、そういったアプリを作成することは不可能だと判断したとのことでした。

これからはメモリ解放アプリに頼らず、こまめにマルチタスクからアプリを終了することを心がけて、あまり使わないアプリはそっとしておく、という方法が提案されておりました。 

1

マルチタスクのアプリを削除するのが面倒で、メモリ解放アプリを使っていたかたも居られると思いますが、今後はそれに頼らず、手動で対応していくことになりそうです。

ちなみにiPhone 5cやiPhone 5、iOS 7を搭載したiPhone 4S、 iPod touch 第5世代はメモリ解放されているとのこと。それらをお使いのかたはご安心ください! 

何か対処方法が見つかればいいのですが……。詳しい内容は開発者ブログSySight Supportで確認していただいて、続報に期待しましょう!

期間限定でアプリが格安で手に入るセール情報や、iPhoneの最速情報はコチラが便利です。
■更新情報をTwitterで確認する!
■更新情報をFacebookで確認する!
■更新情報をFeedlyで確認する!
■アップス!の記事が読めるアップス製アプリかみあぷで確認する!

 

 

関連する記事