【iOS7対応】壁紙ファン必見!視差効果に対応した壁紙がダウンロードできるサイト3つを紹介します

2013.09.23


ども!ともぞうです。

先日、iOS7で棚デザインの壁紙がズレないようにする方法でもご紹介していますが、iOS7にしてから壁紙が滲んでいたり、デザインによってはズレて見えたりしていませんか?

これはiOS7でホーム画面が立体的に見えるようにする視差効果とそれに合わせ、壁紙サイズが変更されている為です。

そこで本記事では新しいiOS7の視差効果に対応した壁紙をダウンロード出来るサイトを3つご紹介いたします。



1.デザインが豊富な「ios7wallpaper.net」

最初にご紹介するのは「ios7wallpaper.net」


サイトにアクセスすると”iPhone5s/5c/5”と”iPhone4/4S”を選ぶ画面に。
20130923_ios7_wallpaper_002

かなりの数があるので、お気に入りの壁紙がきっと見つかるはず。
20130923_ios7_wallpaper_003

気になるデザインがあったらタイル状に並んでいる画像をタップすれば、全体を確認することができます。
20130923_ios7_wallpaper_015

気に入ったら画像を長押しで保存です。
20130923_ios7_wallpaper_004



2.視差効果あり、なし対応「freeios7.com」

2つ目は視差効果ありなしで壁紙を選んでダウンロード出来る「Free iOS 7」


主に高精細な風景などの写真がおおいですね。
20130923_ios7_wallpaper_006

並んでいる壁紙からほしい壁紙を選んだらとその下の方からほしい壁紙の種類を選びます。
20130923_ios7_wallpaper_007

視差効果なんて使わんのじゃーという方はNormal、あの立体感が楽しい!という方はParallaxを選んで後は先程と同じように画像を長押しで保存です。



3.おしゃれな壁紙「Parallax Wallpapers」

最後にご紹介するのはちょっとおしゃれな感じの壁紙がある「Parallax Wallpapers」


前出の2つのサイトに比べるとちょっと趣が違うサイト。ちょっと趣の異なるおしゃれな写真が色々あるのでおすすめです。
20130923_ios7_wallpaper_009

壁紙のダウンロードは気に入った壁紙を選んで、
20130923_ios7_wallpaper_010

もう一度画像をタップして表示された画像を長押しで保存です。
20130923_ios7_wallpaper_011



おまけ:対応壁紙で本当にズレなくなるのか試してみた

iOS7ではアイコンを棚に置いたデザインやその位置に合わせてデザインがされている壁紙が特に視差効果の影響を受けて、位置がズレてしまいます。

さて今回ご紹介したサイトでにある壁紙では本当にズレないのか試してみます。

これがiOS6までで使えていたアイコンの位置にデザインがあるタイプの壁紙。視差効果ありだとかなり悲惨にズレてます。
20130923_ios7_wallpaper_012

こちらがiOS7に対応した「ios7wallpaper.net」にあったアイコンの位置にデザインがあるタイプ。
20130923_ios7_wallpaper_013

これを壁紙に設定してみると..視差効果オンでもぴったり!
20130923_ios7_wallpaper_014

いやーバッチリですね!そもそも視差効果の必要性の問題はあると思いますが、これでズレずに棚タイプやアイコンデザインタイプの壁紙を使うことができます。

これから徐々に壁紙サイトでiOS7対応のものが増えてくると思いますが、現時点でおすすめできるサイト3つをご紹介しました。是非、この中からあなたのお気に入りの壁紙を見つけてダウンロードしてみてくださいね。

▼この記事をシェアする!



 

期間限定でアプリが格安で手に入るセール情報や、iPhoneの最速情報はコチラが便利です。
■更新情報をTwitterで確認する!
■更新情報をFacebookで確認する!
■更新情報をFeedlyで確認する!
■アップス!の記事が読めるアップス製アプリかみあぷで確認する!

 

 

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事