Microsoft提供のExcelやWordなどをiPad/iPhoneで使えちゃう裏技があった!作成・編集・閲覧が捗りまくるぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.06小技

title


こんにちは、こだま( @kotodama_kodama)です。

ExcelやWordなどMicrosoftが提供するツールをiPadやiPhoneで使える裏技があるって知ってました?

AppStoreにもExcelファイル等を作成できるアプリはありますが、いざ使ってみると共有する相手のPCでは開けなかったり、文字化けの嵐だったり…。

今回ご紹介する裏技ではMicrosoftのツールを使うため、そうした心配はナシ。しかも無料でできちゃいますよ!


今すぐSkyDriveに登録するのだっ!

この裏技、Microsoftが提供しているクラウドストレージサービス「SkyDrive」を利用するものなんです。「SkyDrive」への登録はこちらから。無料です。

裏技を使うには、AppStore配信の「SkyDrive」アプリからではなく、ブラウザから「SkyDrive」にアクセスします。以下、iPadのSafariでログイン。

001


上部のタブから「作成」をタップ。リストが開いて使用できるツールが表示されました。Word文書、Excelブック、PowerPoint…これ全部ここで作成できちゃいます

002

 

Excelをチョイス。ユーザーインターフェースもなじみ深いExcelのものです。セル統合、罫線、グラフや図形作成、ブック追加など、一通りできましたよ! マジすごい!

003

 

パワポはこんな感じ↓。編集のみではなく、一から作れちゃうレベルです。素晴らしい!

004

 

↓こちらWord。体感的にいちばん読み込みが軽かったですね。テキスト作成は本当コレでじゅうぶんいけます。PC立ち上げなくてすみますよ。

005

 

iPhoneからだと作成/編集は無理な感じですが、閲覧はバッチリ。送られてきたファイルが開かない、文字化けして読めない、なんてことがありません。

006

 

iPadをお持ちの方は、出先などでささっと作成/編集を行えるので、かなり便利になると思います。

「SkyDrive」のツール、ぜひ活用してみてください


こだま(@kotodama_kodama)はこう思う!
1パワポは少し動作が遅いかなと感じましたが、Excelはそこそこ、Wordはじゅうぶん実用に耐えました。しかし「SkyDrive」けっこう使っていましたが、このツールについてはAPPGIGAさんの記事読むまで気づきませんでしたね(汗)。そこまで見ていなかったというか、単なる「ファイル倉庫」としか考えていなかったので。無料なのにここまでサービスしてくれるMicrosoftすごい!


参考サイト:APPGIGA!

pr

関連する記事

コメント