Twitterの投票機能、4択アンケートが一部で解放! 擬似的に4択アンケートを作る方法を考えてみた

2015.11.23Twitter

どうもハンサムクロジです。

Twitterの投票機能で利用できる選択肢が、2択から4択に増えるようです。一部ユーザーに機能が公開されており、4択アンケートのツイートが投稿されていました。

かなり限られた範囲で有効化されているようで、まだ利用できるユーザーの少ない4択アンケート。機能が実装されるまで、代わりの方法で4択アンケートができないか考えてみました……!

実際の4択アンケートはこちら

4択アンケート機能が有効化されているのを確認できたのは、ファッションモデルの藤田ニコルさんのTwitterアカウント

以下のようなツイートが投稿されていました。

11月21日には利用できるようになっていたようで、その後も4択アンケートを投稿しています。

しかし、今のところ同じような4択アンケートを作成できているアカウントは他に見つけることができませんでした……。

残念ですが、やはり一部ユーザーにのみ解放されていて、全ユーザーが利用できるようになるのはもう少し先となるようです。

擬似的に4択アンケートを作る

公式には提供されていないけど4択アンケートを使ってみたい!そんな方は、擬似的に4択アンケート的なものを作ってみてはいかがでしょうか。

いくつか方法がありそうなので、提案してみたいと思います!!

LikeとRTを組み合わせる

まず1つめは、「Like(ふぁぼ)」と「RT」を利用する方法。

以下のように2択のアンケートと同時に、「◯◯ならLike(ふぁぼ)」「◯◯ならRT」という文言を追加して、Like数・RT数・投票数を比較してアンケートをとります。

投票機能実装以前は、「Like(ふぁぼ)」と「RT」による投票ツイートが多く投稿されていました。これなら多くのユーザーが自然に対応してくれる気がします!

ただし、RT・Likeしつつアンケート機能から投票することもできてしまうため、正確な数字にならない可能性もあります……。

アンケートツイートをリプライ

そして2つめ。アンケートツイートに対して別のアンケートツイートをリプライして、2つのアンケートツイートを組み合わせて4択にする方法です。

4択であることを明記して、続きのツイートがどれか分かるようにしておけば、ある程度のユーザーは対応してくれる気がします。

これもLike・RTシステムと同じように重ねて投票できてしまいますし、見逃されてしまう可能性もあります。正確な投票結果にはならないかもしれないのでご注意を!

というわけで、いくつか4択にする方法を考えてみましたが、やはり公式に使えるようになってくれるのが一番ですよね!早く一般ユーザー向けに公開されてほしいところです……。

関連する記事