Apple、クッキーを利用したアプリを拒否する方針に! 起動した時に一瞬だけSafariが開くアプリはダメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.02.26Apple, ニュース

トップ
photo credit: Svadilfari via photopin cc


どうも@kuroji1987です。

Appleが、クッキーを利用してユーザートラッキング(ユーザーデータを保存・取得)しているアプリを承認しなくなっていくそうです。TechCrunchが伝えていました。

一体なにがダメなのでしょうか?

AppleはAd Identifierを使ってほしい!

Appleは、2011年に「UDID」というiOS端末に割り当てられた数字によって情報を取得するアプリを認めなくなり、その影響で、代わりにクッキーを利用するアプリが増加したのだそうです。

このクッキーを利用したアプリは、起動後に一瞬だけSafariが開き、その後アプリへ戻るといった動きをします。こういったアプリは今後アップデートなどが拒否される可能性が高いということのようですね。

1


確かに使っていてなんだか嫌な感じがあるんですよねー。勝手な動きがあると、少なからず「何か悪さしてるんじゃ……」と不安になってしまったりもします。

また、Appleは今後開発者たちに、独自技術である「Advertising Identifier」を利用してほしいという狙いもあるようだとのことでした。

ユーザーとしてはどちらでも構いませんが、「一度Safariが起動する」という鬱陶しさは無くしていただきたいですね。


@kuroji1987はこう思う!
1特にソーシャルゲームに多いのですが、あの挙動は気味が悪いですよね。あからさまにネットにつないで何かやりました感が出ていて、正直嫌だなぁと思っていました。ま、悪いことをしている訳ではないのでしょうけど、余計なものはそぎ落とした方がいいですからね。いい方向に進んでいるんじゃないでしょうか!


参考:TechCrunch

pr

関連する記事