アップデート見送る? iOS 6.1ではSafariで開いたYouTubeのバックグラウンド再生が不可能に

2013.01.29

by ハンサムクロジ

トップ


どうも@kuroji1987です。

Safari経由でYouTubeを開いてのバックグラウンド再生を活用しているというかたは、iOS 6.1へのアップデートを控えたほうがいいかもしれません。

バグではなく仕様として、YouTubeのバックグラウンド再生ができなくなってしまったようです。iPhoneちゃんねるが報告していました!

ロック画面では再生できる模様

実際に試してみました。Safariを起動してYouTubeにアクセス。動画を再生した状態でホーム画面に戻ります。

1


この時一度再生は止まりますが、iOS 6ではホームボタンをダブルクリックして右にスライドした時に現れる再生ボタンで、バックグラウンド再生が可能でした。押してみると……反応しない!!

2


そう、Safariのアイコンは表示されているものの、音声を再生させることができなくなっているのです!

ただし、動画を再生した状態で、ホーム画面を経由せずにロック画面にいった場合はそのまま再生することができました。この方法を覚えておけば、かろうじてロック画面でのみバックグラウンド再生することができます。

3


この現象はChromeでも同じように発生しています。アップデートを考えているかたは注意してください!!


@kuroji1987はこう思う!
1僕自身Safariを使ってのYouTube利用&バックグラウンド再生は利用していないので影響はありませんでしたが、便利に使っているかたにとっては厄介な仕様変更です。とにかくGoogleを排斥したいということなんでしょうかね……。



pr

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事