一体どっちに入ったらいいの?SoftBankの「安心保証パック(i)」と「Apple Care+ for iPhone」の違いを調べてみた

2012.10.06Apple, てみたーず。

20121005_ansin000
photo credit: JefferyTurner via photopincc


ども!ともぞう(@tomozo_1975)です。

やっと手に入ったiPhone5、思わず手を滑らせて落としてガラスにヒビが入ったら目も当てられませんよね。

そんな万が一の時のためにSoftBankは「あんしん保証パック(i)」、Appleは「Apple Care+ for iPhone」というオプションを用意しています。

さてこの2つ、一体何が違ってどちらに入ったほうがいいのでしょう?気になるポイントを比較してまとめてみました。

製品保証オプションは2種類!


SoftbankのiPhoneには万が一の時のために有償の保証オプションが2つ用意されています。

ひとつはSoftBankの提供する「あんしん保証パック(i)
20121005_ansin001

新規契約もしくは機種変更の申込み時に加入することが出来る修理保証オプション。
あんしん保証パック(i):iPhone 5 | ソフトバンクモバイル

もう一つはAppleが提供する「Apple Care+ for iPhone
20121005_ansin002

新規契約もしくは機種変更の申込み時もしくは購入から30日以内にAppleStoreで申込みできるオプション。
AppleCare+ for iPhone:iPhone 5 | ソフトバンクモバイル
アップル – サポート – AppleCare – iPhone

それぞれSoftBankで申し込みできるタイミングは一緒なのですが、「Apple Care+ for iPhone」は30日以内であれば申し込むことができます。契約時には迷っていても後から加入できるのはいいですね。

では、それ以外にどういう所に違いがあるのか見ていきます。

気になる月々のオプション費用は?


20121005_ansin003

次はオプション費用を比べていきましょう。

それぞれのオプション費用は以下のようになっています。

あんしん保証パック(i)
498円/

Apple Care+ for iPhone
366円/月 x 24回(24回目は382円)
※AppleStoreで加入の場合は一括8,800円のみ。


これを見ておやっと思うかもしれません。「Apple Care+ for iPhone」は回数がありますが「あんしん保証パック(i)」にはないのです。

両方共、修理代を保証するオプションには代わりはないのですが、「Apple Care+ for iPhone」は通常1年の製品保証を2年に延長する形のオプションの為、支払う回数が決まっているのです。

20121005_ansin004-1

それに対し、「あんしん保証パック(i)」は加入している限りオプションによる保証はずっと続くことになります。

ずっと保証がある方がいいじゃん!と思うかもしれませんが、2年間で支払う合計金額で考えると、

あんしん保証パック(i)」は 11,952円

Apple Care+ for iPhone」は8,800円

となり、「あんしん保証パック(i)」は保証期間に制限がない分、3,152円も多く支払う形となっています。

多くの方が機種代を払い終わる2年周期で機種変更する事を考えると「Apple Care+ for iPhone」のほうがお得という結果ですね。

保証される範囲は?


20121005_ansin005

 2年間でのオプション支払い額がいくら安いとはいえ、保証内容が充実していなければ意味がありません。次は保証内容について見てみましょう。

あんしん保証パック(i)

保証対象: iPhone本体

保証内容:
故障・破損・水濡れ
全損・盗難・紛失
電池消耗


Apple Care+ for iPhone

保証対象: iPhone本体、付属品、AppleCare+加入後に購入した周辺機器

保証内容:
2年間のテクニカルサポート(未加入の場合は90日)
iPhoneの操作上における不慮の事故に対する修理


これまた全然違うんですね。調べてみて初めて知りました。

1.保証対象が違う!
Apple Care+ for iPhone」のほうが断然広い。本体に付属するUSBケーブルから電源アダプタ、イヤフォンまで壊れた場合には保証の対象となっています。

さらにオドロキなのが”AppleCare+加入後に購入した周辺機器”までも保証の対象となることです。iPhone5を購入時に追加で買ったLightningケーブルなどなど2年間の修理保証が受けられることになるのです。これは嬉しい!
⇛詳しくはこちらを御覧ください。◎今まで入ったことないけどiPhone5買った時にAppleCare に入った理由。
@Gyuuuuuuuuさん情報ありがとうございました。

2.保証内容はほぼ一緒。
修理の範囲は表現が違うだけで同じようです。

※2012.10.7追記
Apple Care+ for iPhone」は水濡れ以外の液体による破損、盗難・紛失などiPhone本体を完全な状態でAppleに返却できない場合は保証の対象外になります。よって水濡れの場合に保証されるのは「あんしん保証パック(i)」だけになります。

修理の範囲にて水濡れによる破損で違いがありますが差はなく、保証範囲が驚きの広さを誇る「Apple Care+ for iPhone」。支払い総額が安くてさらに魅力的に見えてきましたよ。

※コメントにてご指摘いただき再訂正いたしました。m(_ _)m

修理に掛かる費用は?


20121005_ansin006

 最後に気になるのは実際に修理に出した時に掛かる費用についてです。

あんしん保証パック(i)
故障・破損・水濡れ・電池消耗: 支払った修理代金の85%を月々の利用料金から割引き。
全損・盗難・紛失: 同一機種もしくは指定機種に会員価格で機種変更。
※修理もしくは電池交換をした場合、その後6ヶ月間は本オプションの再利用不可。

Apple Care+ for iPhone
1回4400円。2回まで適用可。


仮に本体を全損し、交換になった場合でそれぞれどのようになるのかシミュレートしてみます。
iPhone5の本体交換時の価格は20,800円で計算します。

あんしん保証パック(i)」の場合はAppleで修理をして一度、20,800円を支払わなければなりません。その後、SoftBankに申請をすると20,800円の3,120円が自己負担。85%にあたる17680円が月々の利用額から割引される形で支払われます。

対して、「Apple Care+ for iPhone」は修理時に4,400円払えば完了です。

実質的な自己負担額で比べると「安心保証パック(i)」が安く済みますが、最初に全額負担しなければならないのがイザという時には痛いですね。

2年で機種変を考えているなら「Apple Care+ for iPhone」がおすすめ!


という訳でそれぞれを費用や保証範囲について比べてみましたが、思ったよりその内容が違っていることが分かりました。

私の結論としては支払い総額、保証内容の充実ぶりから考えて2年周期で機種変更を考えている方ならば断然「Apple Care+ for iPhone」をおすすめしたいと思います。

もし、契約時に加入しなかった方も30日以内であればApple StoreのGeniusバーで本体のチェックを受ければ加入する事ができるので今からでも間に合いますよ!

以上、ともぞう(@tomozo_1975)がお送りしました!



pr

関連する記事

Siri擬人化マンガを一気読みしませんか?