Apple Watchが1人の少年の命を救う!それを知ったティム・クック氏は…

1

2015.09.27

by SHAN

Photo credit: tuaulamac / Foter / CC BY-NC-SA

こんにちは、SHANです。

先日、iPhoneが銃弾を防ぎ人の命を救ったというニュースをお伝えしましたが、なんと今回の事故ではApple Watchが1人の少年の命を救いました。

さらにその騒動の後、AppleのCEOティム・クック氏がとった対応にも賞賛の嵐が巻き起こっており、1つの事故がまるでドキュメンタリー映画のようだと話題になっているそう。

Apple Watchは一体どのようにして人命を救ったのでしょうか…?

Apple Watchが心拍数の異常を感知

アメリカのマサチューセッツに住む高校生のポール・ハウル君は、いつものようにフットボールの練習をしていました。

しかし練習後に「胸の痛み」と「不自然な心拍数の上昇」を感じたためApple Watchで心拍数を計測すると、通常の倍である145という異常な数値であることが判明。

病院に駆け込んだハウル君は、最悪の場合には死に至る病気「横紋筋融解症」と診断され、すでに心臓、腎臓、肺に異常をきたしていたとのこと…。

懸命な治療の甲斐もあり一命を取り留めたハウル君。「Apple Watchが心拍数の異常を教えてくれたから命が助かった」とコメントしたそうです。

このニュースは全米中を駆け巡り、この事故を知ったAppleのCEOティム・クック氏はハウル君に直接電話をかけ、なんと新しいiPhoneのプレゼントと来年のApple社でのインターンを約束してくれたんだとか。

Photo credit: tuaulamac / Foter / CC BY-NC-SA

ちなみにティム・クックからの電話に対応したハウル君は、電話越しに聞こえる「こんにちは、Apple CEOのティム・クックです」という声がクック氏本人だと信じられなかった、と話していましたよw

Apple Watchのおかげで命拾いし、新しいiPhoneとインターンもゲットしたハウル君。助かってよかった…と思いつつ、若干羨ましいとも感じてしまいますね…w

参考:CBSiPhone Mania

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事