旅行や外回りに便利!Google Map「マイマップ」の作り方&閲覧方法

3

2015.09.05

Photo credit: CarlosPacheco / Foter / CC BY

こんにちはkimiです。

今までGoogle Mapアプリではできなかった「マイマップ」の閲覧が、アップデートによりついに可能となりました!

場所や経路などをPCで保存しておけばその地図をiPhoneで持ち出せるので、旅行の計画や外回りの仕事に役立ちますよ。

そこで今回は、マイマップの作り方から確認方法までを紹介します!

Google Maps
ナビゲーション
無料

なぜ今までできなかった…?

Google Mapの「マイマップ」は、自分が必要な場所や経路を保存して後から見ることの出来る機能。Google Map版の「お気に入り機能」とでもいうとイメージしやすいでしょうか。

今まではPC版のGoogle Mapでのみ保存や閲覧が可能で、iPhoneのGoogle Mapアプリでは閲覧すらできませんでした。それが今回のアップデートにより閲覧できるようになったというわけなんです。

ではまずはPCでマイマップの作り方を説明しますね。

こちらからいつもどおりGoogle Mapにアクセスします。ページが開いたら左上の「≡」をクリック。

メニューが表示されたら、「マイマップ」へ。

検索フォームの下に「作成」が出てくるので、これをクリック。

新たなタブが開き、マップの作成画面となります。

今回は地図の名前を「高松おすすめグルメマップ」、レイヤ(カテゴリ)には「うどん屋」と入力してみました。

あとは通常の検索と同じようにピンで止めたい場所を検索フォームに入力し、お目当ての場所があったら「地図に追加」すればOK。

また、「レイヤを追加」をクリックすることで別のカテゴリを作成することも可能ですよ。

先程と同様にそのグループ内でピン止めできます。今度はレイヤに「骨付鳥」のお店を登録しました。

ちなみにピンの色や形はピンの右側のバケツアイコンをクリックすることで自由に変えられます。ジャンルごとに分けると見やすそうですね。

次に登録したポイントから違うポイントまでのルートを追加します。

徒歩ルートはもちろん、自動車や自転車のルートも描画できますよ。ここでは「徒歩ルートを追加」を選択。

最初にクリックしたところがルートの開始点となります。自動的に線が引かれていくので、曲がるところでクリックしていきましょう。

これが基本的なマップの作り方となります。続いて、iPhoneのGoogle Mapアプリで作成したマップを閲覧する方法を見てみましょう!

iPhoneのGoogle Mapアプリで閲覧する方法

Google Mapアプリを起動し、「≡」をタップしてメニューを表示させます。

メニューが表示されたら「マイプレイス」をタップ。

すると先ほど保存した地図が表示されています。これをタップすれば…、

PCで保存したとおりに地図が閲覧できました!

外回りの仕事や、旅行の計画をたてるときに活躍しそうなこの機能。ぜひ活用してみてください!

Google Maps
ナビゲーション
無料
kimi
Photo credit: CarlosPacheco / Foter / CC BY

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事