新フォント搭載、新アプリ「Home」追加など「iOS 9」に関するウワサが続々登場!

2015.05.21ウワサ

どうもハンサムクロジです。

iOS 9に関する情報・ウワサが続々と報じられてきています。

次期iPhoneとともにリリースされる予定のiOS 9ですが、そこに新たに追加される標準アプリや、新フォントの搭載などについての情報が早くも海外メディアで伝えられていました。

一体どのような変化があるのでしょうか!?

新フォント「San Francisco」を採用

まずシステムフォントについて。伝えていた9to5Macによると、iOS 9では新たに「San Francisco」というフォントを採用する可能性があるのだそうです。

このフォントはApple Watchに搭載されていたもので、その小さな画面でも読みやすいのが特徴となっています。

Image by 9to5Mac

すでに一部のサードパーティーアプリ開発者も、新フォントに合わせたアプリを開発・改修しているとのことでした。

新アプリ「Home」追加

また、iOS 9には新標準アプリとして「Home」が追加されるそうです。こちらも9to5Macが伝えていました。

このアプリは、WWDC 2014で発表された「HomeKit」に対応する家電を操作するためのもの。室内の対応家電をワイヤレスで発見・設定したり、バーチャルルームを表示してiOS端末との連携管理ができるのだそうです。

Image by 9to5Mac

対応家電は来月にも発売される予定ですが、iOS 9でアプリ追加となると、発売された家電をiPhoneでコントロールできるようになるのはまだ先になりそうですね……。

iOS 9のリリース時期は?どんなアップデートになる?

すでに伝えられていたことですが、iOS 9のリリース時期やアップデート内容の予測についても合わせて見直していきましょう。

リリース時期については、今秋、次期iPhoneとともに公開されると見られています。

ただし、パブリックベータ版は今年夏にも一部ユーザー限定で公開されると伝えられていました!

アップデート内容については、安定性の向上とバグの排除がメインとなるそうです。新機能の追加は多くなさそうですね。

iOS 8で大きく変化したあとのアップデートということで、よりユーザーに馴染むような安定感のあるiOSになってくれることに期待したいところです。

今から正式な発表が待ち遠しいですね!

参考:9to5Mac 1 / 2

関連する記事

Siri擬人化マンガを一気読みしませんか?