『TwitShot』タイトルだけじゃ味気ない!見ているページを画像付きでツイートできるアプリが登場

2015.02.27

こんにちは、SHANです。

『Safari』の標準機能で見ているwebページをTwitterに投稿できるようになっていますが、タイトルとURLだけなのでちょっと味気ないですよね。

でも今回ご紹介する『TwitShot』というアプリを使えば、『Safari』で閲覧中のWebページを簡単に画像付きでツイートすることができちゃうんです!

TwitShot
ソーシャルネットワーキング
無料

拡張機能として利用できる『TwitShot』

『safari』では標準機能で見ているwebページをTwitterに共有できるようになっていますが、タイトルとURLだけなのでちょっとさびしいですよね。

でも、『TwitShot』を使えば、こ〜んな感じで画像付きで投稿できるです。聞くところによれば、画像付きの投稿はリンク先の記事を開く確率が30%も上がるんだとか。

『TwitShot』は、iOS 8から利用可能となったアプリ同士の連携機能「App Extension」として利用することができます。

使い方はとっても簡単で、アプリをダウンロードしたら『Safari』を開き、連携メニューから”その他”を選んだら『TwitShot』をオンに。

『Safari』でツイートしたいページを開いて、ページ下部の共有ボタンをタップして『TwitShot』を選択しましょう。

すると『TwitShot』のアプリが起動するので、そのままツイートボタンを押せばツイート完了!バッチリ画像付きで投稿されていますよ。

やっぱり、タイトルとURLだけじゃなくて、画像がついた投稿だと華があっていいですよね。しかも『Safari』のAppExtensionから使えるので、わざわざアプリを起動しなくても良いのもポイント。

無料で使えるアプリなので、『Safari』からよくTwitterにwebページを共有している人は是非一度お試し下さい!

TwitShot
ソーシャルネットワーキング
無料

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事