【保存版】iPhoneがグッと便利になる!『IFTTT』のオススメ自動化レシピ10個

2015.02.12ユーティリティー

ども!ともぞうです。

アプリやWebサービスを組みわせて連携できる『IFTTT』ですが、いざ使おうと思うとイマイチ活用方法がわからないという方もいらっしゃいますよね。

そこで今回はiPhoneがぐっと便利になる『IFTTT』の自動化レシピを10個ご紹介したいと思います。

設定してしまえばあとは自動で手間いらず!一度使うと手放せなくなりますよ。

IFTTT
仕事効率化, ユーティリティ
無料

『IFTTT』のおすすめレシピ10個

ご紹介する『IFTTT』はレシピと呼ばれる設定をすることで、アプリやWebサービスを組みわせて連携できるアプリ。

例えば、「リアカメラで撮った写真だけDropboxに保存」、なんて具合に決めた条件の時だけ自動で動作をさせることができるんです。

もし『IFTTT』を使うのが初めてという方は、最初にこちらの記事からご覧いただくとスムーズですよ。
『IFTTT』でiPhoneがもっと便利になる!人気のレシピや自分で作る方法などをご紹介

ということで、さっそく便利なレシピをご紹介します。気になるレシピを見つけたら”Add“ボタンからすぐに登録して使ってみましょう!

レシピ1: 特定のアルバムの写真だけバックアップ

最初にご紹介するのは指定したアルバムの写真だけをDropboxへバックアップするレシピです。

写真のバックアップはしたいけど、全部じゃなくていいという人におすすめ。指定したアルバムに写真を追加した時にだけDropboxに写真をバックアップしてくれます。

全部バックアップとなると気になる通信量も、写真を選ぶことで抑えられますよ。

IFTTT Recipe: iPhoneで指定したアルバムに写真を追加した時だけDropboxにバックアップ connects ios-photos to dropbox
 

レシピ2: 雨が降ってきたら通知

2つ目にご紹介するのは今いる場所で雨が降ってきそうになったらiPhoneに通知してくれるレシピです。 室内で仕事をしていて、帰える頃に雨が降ってくるかも…?なんてことも事前にわかっちゃいますよ。

Photo by iPhone女史

天気チャンネルの場所指定は変えられるので、でかける前に行き先で雨が降るか?なんてことを事前に知ることもできます。  
IFTTT Recipe: 雨が降る予報をiPhoneに通知 connects weather to ios-notifications

 

レシピ3: メールで毎月決まった日にリマインダー

3つ目は毎月決まった日にメールを送ってくれるレシピ。

アパートの家賃の振込や各種料金の支払いなどつい忘れがちなことをあえてリマインダーではなく、メールで受け取ることで忘れないようにすると便利ですよ。

メールを送るタイミングは月だけでなく年でも設定できるので大切な記念日を忘れないように設定しておくのもいいかもしれませんね。

 

IFTTT Recipe: 毎月メールでリマインド connects date-time to email
 

その4: 新しく追加した連絡先をEvernoteでバックアップ

4つ目は連絡先をEvernoteに自動的にバックアップしてくれるレシピ。 iPhoneに新しく追加された連絡先を追加すると、自動でEvernoteに保存してくれます。 iCloudで毎日バックアップしていれば安心ですが、追加した連絡先をEvernoteに残しておけば万が一の時も安心ですよ。バックアップ先はGoogleドライブなどにもできるのでお好みで。  
IFTTT Recipe: iPhoneに新しく追加された連絡先をEvernoteにバックアップ connects ios-contacts to evernote

 

その5: 指定のエリアでwi-fiやBluetoothのオン・オフを通知

5つ目は少しでもバッテリーを節約したい人におすすめのレシピ。

Wi-FiやBluetoothをこまめに切ってバッテリーを節約したい人はこのレシピで、指定のエリアに出入りすると通知で教えてくれるようにするのがおすすめです。

自宅・職場など場所ごとにレシピを作っておけば、Wi-Fiをオンにしたまま切り忘れたり、オフにし忘れるなんてことがなくなりますよ。

 

IFTTT Recipe: 指定したエリアに出入りすると通知 connects ios-location to ios-notifications
 

その6: Twitterでお気に入りした画像をカメラロールに保存

6つ目はTwitterで見つけた画像付きツイートを簡単にカメラロールへ保存してくれるレシピ。 このレシピを登録しておけば、Twitterのタイムラインで見つけた気になる画像を”お気に入り“すると、自動的にカメラロールに保存できちゃいます。 保存した画像は自動的にIFTTTというアルバムに格納されるので、後で画像を見るときに見つからない!なんてこともありませんよ。  
IFTTT Recipe: Twitterの画像付きツイートをお気に入りすると画像を保存 connects twitter to ios-photos

 

その7: Facebookのプロフィール写真を変えたらTwitterのアイコンも変更

7つ目はFacebookのプロフィール写真とTwitterのアイコンを自動で連動させるレシピ。

このレシピを設定しておけばFacebookのプロフィール画像を変更するだけでTwitterアイコンを自動的に差し替えてくれます。

新しいアイコン画像を作った時に個別に変更する手間がこれで省けますよ。

 

IFTTT Recipe: Facebookプロフィール写真とTwitterアイコンを自動連携 connects facebook to twitter
 

その8: Amazon kindleの日替わりセール情報が更新されたら通知

8つ目はAmazonのKindleページで行われてる日替わりセール情報をいち早くチェックできるレシピ。 このレシピではAmazonのKndleアカウントが日替わりセール情報をツイートしたら、iPhoneに通知してくれるようになっています。 通知で受け取るので、これでセール情報を見逃すことはありませんよ。  
IFTTT Recipe: Amazon Kindleの日替わりセール情報をiPhoneの通知で受け取る connects twitter to ios-notifications

 

その9: Amazon Kindleの無料本情報をメールで受け取る

9つ目はAmazon Kindleの無料で読める本の情報を1日1回まとめてメールで受け取れるレシピ。

Twitterにて無料本情報を配信されている無料Kindle本情報さん(@ebk2zero)のツイートを1日分まとめてメールで受け取れるようにしてみました。

無料の本っていっぱいあるんですが、探すのも大変なので1日1回まとめてメールで受け取れると読みたい本が見つかるかもしれませんよ。

 

IFTTT Recipe: Amazon Kindleの無料本の情報を1日1回メールで受け取る方法 connects twitter to email-digest
 

その10: Instagramに投稿した写真をDropboxにバックアップ

最後はInstagramに写真を投稿したら、自動でDropboxにバックアップしてくれるレシピ。 このレシピさえ設定しておけば、何も意識することなくInstagramの写真をバックアップすることができちゃいますよ。 これで万が一、iPhoneが壊れてしまってもInstagramに投稿した写真だけはDropboxから救済できます。  
IFTTT Recipe: Instagramに投稿したらDropboxにバックアップ connects instagram to dropbox

 

まとめ

以上、『IFTTT』でiPhoneがぐっと便利になるおすすめ自動化レシピ10個いかがだったでしょうか?

自分でレシピを作るのは難しいかもしれませんが、本記事で紹介したレシピならちょこっと自分用にアレンジしてすぐに使うことができます。

今まで『IFTTT』を使ったことがなかった方も、難しそうと敬遠していた方もぜひチャレンジしてみてください!

Siri擬人化マンガを一気読みしませんか?