【豆知識】iPhoneなどのiOS端末以外のスマホに指紋認証が増えない理由

2015.01.31豆知識

ども!ともぞうです。

iPhone 5sより搭載された指紋認証システムであるTouch IDですが、Apple以外の端末であまり見かけないですよね。

これだけ個人情報の漏洩などが叫ばれているなか、なぜ指紋認証を搭載した端末が増えないのか?… 調べていくと、実はAppleの考えられた戦略が見えてきたのでご紹介したいと思います。

iPhone以外から指紋認証端末が出ない理由

iPhone以外で指紋認証を導入しているスマホを調べてみると、見つかったのはたったの3機種。しかもセンサーをなぞるようにスキャンする、Touch IDとはちょっと異なる方式でした。

Photo by カイ士伝

個人情報の流出などセキュリティの問題が多いこの時代、全ての端末に搭載されてもおかしくない指紋認証ですが、このようになった背景を追いかけてみたいと思います。

始まりはAppleがiPhone 5sを発表した2013年9月。指紋認証のTouch IDが大々的に取り上げられたのは記憶にあたらしいですよね。

そこから遡ること2011年、実は最初に指紋認証について取り組んでいたのはモトローラ社で、この分野で有名だったAuthen Tec社と協業していました。

しかし、2012年7月にAppleはこのAuthen Tec社を3億5600万ドルで買収し、指紋認証技術を独占することとなります。

結果、それまで同社の技術を採用していたメーカーは指紋認証を外さざるをえなくなってしまいました。Authen Tec社の指紋認証精度は非常に高く、それ以外のメーカーのものはあまり採用されなかったようです。

Appleは先進的な技術を持った企業を買収もしくは投資することで独占的な部品供給を受け、他社が真似できない製品を出し続けることに成功しています。

私達がApple製品に魅了される理由の一つは、他にはないものがあるということなのかもしれませんね。

関連する記事

Siri擬人化マンガを一気読みしませんか?