アプリ不要! OS X YosemiteならiPhoneの画面操作を簡単に録画できるぞ

2014.10.20小技

どうもハンサムクロジです。

OS X YosemiteにアップデートしたMacをお持ちのみなさん。朗報です。

こちらにアップデートすると、iPhoneの操作画面を簡単に録画できる新機能を使うことができるのです!

ゲームプレイ動画や、操作説明動画などが簡単に作れるようになりました!!

「QuickTime Prayer」で録画

録画方法はとっても簡単です。まず最初にMacとiPhoneをLightningケーブルでつなぎ、デフォルトで入っている「QuickTime Prayer」を起動します。

次にメニューバーの「ファイル」から「新規ムービー収録」を選択。

デフォルトだとMacのカメラが起動するので、録画ボタンの横にある「v」をクリックして「カメラ」と「マイク」をiPhoneに変更します。左のボリュームバーも音が出るよう調節しましょう。

あとは中央のボタンで録画スタート!完了したら右に出現する共有ボタンで動画をシェアできるほか、

Mac内への保存ももちろん可能。iMovieなどで編集してからYouTubeなどへの投稿も簡単です!

以下のように動画を撮影することができました。ゲームキャプチャもとにかく楽!高画質で録画できます。

今までサードパーティー製アプリが必要だった動画キャプチャが、以上の操作で簡単に利用できりようになりました。

とにかく簡単!動作も軽くて書き出しも速いです。ぜひ利用してみてください!!

関連する記事