iOS 8アップデート時はiCloud Driveにアップグレードしない方がいいかも!PCと同期できなくなる可能性

2014.09.17iOS8

どうもハンサムクロジです。

本日深夜にもリリースされるとみられるiOS 8ですが、アップデート時に決めるiCloudの設定に注意が必要な場合があるようなのでお知らせしたいと思います。

今回の記事は、MacとWindows 8以外のWindows PC、iOS 7の端末を使用している方に当てはまるものです。対応が必要そうな方は再チェックしてみましょう!

iOS7、OS X MavericksではiCloud Driveが利用できない

Appleの公式サイトにも書かれていますが、iCloud Driveが利用できるのは「iOS 8」「OS X Yosemite」「Windows 8」の3つの環境に限られます。

iOS 8にアップデートするまでは良いのですが、その時に促されるiCloud Driveへのアップグレードを適用した場合、iOS 7を使用している端末やOS X Mavericks、Windows 8以外のWindows PCとのデータ同期が使用できなくなる可能性があるというわけです。

現在一般ユーザーにも提供されている「OS X Yosemite Beta」、「Windows 8」を使用しており、所有しているiOS端末を全てiOS 8にアップデートして利用するというのであれば問題無いのですが、それ以外の方はアップグレードを促す選択肢に”ノー”と答えた方が良いでしょう。

つまり…

iCloud Driveが利用できるのは

  • iOS8
  • OS X Yosemite
  • Windows 8

のみのため、

  • Windows XP
  • Windows VISTA
  • Windows 7
  • Mac Mavericks
  • iOS 7以前を入れてる端末

を使ってるなら、iCloud DriveへのアップグレードをするのはNGということですね。

本日深夜2時に最速でアップデートするのも良いですが、少し立ち止まって自分の環境を見なおしてみてください!

参考:reliphone, RealMac

関連する記事