スタンプも使うよ!文豪とLINEしている感覚で名著を読めるサービス「文豪メッセンジャー」が話題に

2014.09.03Webサービス

どうもハンサムクロジです。

文豪と友だちになった感覚で、彼らが残した小説をメッセンジャーの会話形式で読むことができるサービス「文豪メッセンジャー」が話題になっています。

青空文庫に登録されてある著作権が切れた作品ならどれでも読むことが可能。さらに文字のやりとりだけでなく、スタンプ的なものまで送信してくれます!

これは面白いですよ!!

文豪を現世に召喚しよう

「文豪メッセンジャー」はこちらのページで利用できます。アクセスするとLINE風のトーク画面が表示され、太宰治の「走れメロス」を読める状態になっていました。

下部の「トーク」をタップすると、物語を読み進めることができます。会話部分は吹き出しで、それ以外はお知らせ風に表示されています!

突然スタンプ的な画像を挿入してくることも!挿絵代わりといったところでしょうか……。

もちろん、青空文庫に登録されてある作品であれば、全てこの形式で読むことができます!左上のボタンをタップしてメニューを開き、作品URLを入力して「実行」をタップすればオーケー。とりあえずおすすめ作品リストから選ぶのが良さそうです。

会話が少ない作品だとお知らせメッセージばかりになってしまって少し寂しいですが、普通に本を読むのが面倒な人でもこれならいけるかもしれません……!!

ということで、かなりハードルを下げた状態で小説を読める素晴らしいサービスとなっております。

みなさんもぜひ試してみてください!!

※うまくアクセスできないときは、少し時間をおいてから再度お試しくださいませm(__)m

関連する記事