コスパ20倍!100円ショップのLightningケーブルを検証してみたぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.09.08100均

こんにちはkimiです。

LightningケーブルはiPhoneの充電やPCとの同期に必要不可欠なのですが、アップルの純正品は1,900円もするんですよね。「コード一本が2,000円近くするのはちょっとなぁ…」と思ったりしませんか?

そんな中、庶民の味方の100円ショップでなんと充電用Lightningケーブルが売られているのを発見しました。無事使えればコスパが約20倍!さっそく購入して検証してみましたよ。

樹脂製の端子に片面接触!でも案外普通に使える

今回購入したのは「meets」という100円ショップ。北海道から沖縄まで全国に展開しているので、皆さんの家の近くにもあると思います。

100円ショップなのでもちろんこのLightningケーブルも108円。安っ。

もちろんアップルによるMFi認証はついておらず、裏面には「今後のアップデートなどでエラーメッセージ等が表示される可能性がございます。」との注意書きがあります。

早速開けてみましょう。なんとLightning端子の部分が金属ではなく樹脂で出来ています。そしてケーブルがちょっと安っぽい気がします。くたっとしているイメージ。

また、「片面接触 リバーシブルではありません」とパッケージにも書かれていましたが、Lightningケーブルなのに片面にしか端子がありません。そして純正に比べて端子のピンが2本ほど少ない設計になっています。充電専用ケーブルなので、データ通信のためのピンを省いたのでしょうか?

モバイルバッテリーとiPhone 5sを接続してみました。「UPSIDE」と書かれた面を画面側にしてつなぎます。iOSの最新版の「7.1.2」の環境で試してみたところ、特にエラーもなく充電し始めました!

ついでなので、USB用の電圧電流計で測ってみたところ、純正ケーブルでは1.0A程度を指すのに対し、この100円ショップケーブルでは0.89A〜0.9Aあたりを指しました。純正品よりは少ない値ですが、決して悪くない数値だと思います。

電圧電流計を外して、充電のテストです。モバイルバッテリーを用いてiPhoneのバッテリーが50%から100%になるまでにかかった時間を調べてみましたよ。結果は…

  • 純正ケーブル → 1時間19分29秒(約80分)
  • 100円ショップケーブル → 1時間22分49秒(約82分)

となりました。案外純正ケーブルとほぼ変わらない時間で充電できるんですね!驚きです。

バッテリーを痛めず充電するための「トリクル充電」の影響か、どちらの場合でも最後の97%から100%になるまでがかなり時間がかかりました。

iPhoneにいれているアプリの状態や内蔵バッテリーのヘタリ具合によって結果は異なるのでこの実験結果はあくまで目安として見てくださいね。

photo credit: Laineema via photopin cc

とはいえ、耐久性や将来的な互換性などが純正品と同じくらいあるかはわかりません。やはり安心して充電するなら純正ケーブルもしくはMFi認証のついたケーブルを使うことをおすすめします。

パッケージ裏面には「使用に際し、端末本体及び端末内に保存したデータ内容に関する損害賠償は致しません」とはっきり書かれています。コスパ約20倍!な100円ショップケーブルは確かにお得な気もしますが、使う際は自己責任で使うようにしましょう。

関連する記事

コメント