【朗報】病院での携帯電話の使用が原則OKになったぞ!

2014.08.19ニュース

photo credit: COD Newsroom via photopin cc

こんにちはkimiです。

これまで医療機器の誤作動を引き起こすといったの理由から、病院内での携帯電話の使用は禁止されていました。

しかし、本日発表された新しいガイドラインでは、病院内での携帯電話の使用が原則的に認められることに!待合室や病室でメールやSNSによって家族や友人と連絡が取れるようになりますよ〜。

技術の向上と利便性、生活の質の向上が理由

もともと、携帯電話は医療機器に誤作動を引き起こす可能性があるため、病院内での使用は禁じられていました。(ちなみに、病院で働く人々は医療機器に与える影響の少ないPHSを連絡手段として使用しています。)

しかし近年、携帯電話の改良や医療機器の機能向上によって、医療機器が携帯電話の影響をほとんど受けなくなったことで使用制限する必要がなくなり、今回のガイドライン更新に至りました。

photo credit: West Midlands Police via photopin cc

一部の鉄道でも、過去にはペースメーカーに悪影響を及ぼすとして携帯電話の電源をOFFにするよう定めていたのが、最近になって携帯電話を使用して良いことに変わったりしていますもんね。

新しいガイドラインでは、「利便性、生活の質の向上のため、医療機関でも患者らの携帯電話使用は可能な限り認められることが望ましい」という文言になっているようです。

やはり病院で不安なときには、家族や友人などと連絡を取りたいですよね。

photo credit: makelessnoise via photopin cc

とはいえ手術室などでは引続き電源を切ることを推奨し、カメラ機能や通話などについては、マナーの観点から制限されることが望ましいとも規定されています。マナーやプライバシーのことはきちんと配慮することが必要ということですね。

なお、医療機関によってはすでに病院内で携帯電話を使用できる場所を定めているところもあるようで、必ずしも一律にこれまで全面的に禁止でした、というわけでもないようですよ…。

きちんと決まりを守って、他の患者に迷惑のかからない使い方をするよう気をつけたいものです。

kimi
photo credit: COD Newsroom via photopin cc

関連する記事