【制作費ゼロ円】トイレットペーパー製スピーカーに”アレ”を足したらB◯SEを超えた件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.08.12てみたーず。

こんにちは、yumiです。

先日ご紹介した”トイレットペーパーの芯スピーカー“、みなさんお試し頂けましたか?

あれだけでもiPhone単体と比べると音の広がりが全然違いましたが、さらに”アレ”を足すと、もっと良くなるとの情報をゲットしましたよ…。

ということで今回は、トイレットペーパースピーカーの進化版、「トイレットペーパーと紙コップスピーカー」をご紹介します!

トイレットペーパー+紙コップ=高性能スピーカー

今回ご紹介するのは、トイレットペーパーと紙コップを使ったiPhoneスピーカー。用意するのは

  • トイレットペーパーの芯
  • 紙コップ2つ
  • カッター
  • 鉛筆

のみ!ということで早速作っていきますよ〜。

まずはトイレットペーパーの芯に、iPhoneが入る程度の穴の印をつけてカッターで切っていきます。カッターの扱いには要注意ですよ。

iPhoneが入るかどうか試してみましょう。ちゃんと入るのを確認したら…

続いて紙コップの側面に、トイレットペーパーの芯の大きさの穴を開けていきます。

紙コップ2つともに穴を開けたら…

トイレットペーパーと合体!

さらにiPhoneを差し込めば…完成です。じゃーん!

先日、トイレットペーパーのみで作ったスピーカーの音質はこんな感じでしたが…

今回の「トイレットペーパー+紙コップ」だと、こんな感じ!段違いやで…。

前回ご紹介したトイレットペーパーの芯のみのスピーカーよりも、足を作らなくてOK&音も段違いで良い!ということで紙コップ付きスピーカー、非常にオススメです。

前回トイレットペーパーのみのスピーカーを作られた方は横に紙コップを足すだけなので、みなさんも是非作ってみて下さいね!

参考:togetter

関連する記事