制作時間3分!たった1枚の紙で作れるiPhoneスタンドが超便利

2014.08.09てみたーず。

どうも、じんないたくみです。

iPhoneを直置きしていると、画面が見にくい。そんな悩みを解決してくれるのがiPhoneスタンドです。

でも自宅の仕事部屋にリビング、オフィスなどiPhoneを置きたいすべての場所にスタンドを用意するのはお金もかかるし、ちょっと大変。

そこで、そのスタンドをどこにでもあるコピー用紙で作ってしまう方法をご紹介します!

オフィスでも作れちゃうナイスな折り紙スタンド

ORIGAMI SPIRIT折り紙でiPhoneスタンドを作る方法を紹介しています。

しかし、今回は折り紙が手元になかったので、どこにでもあるコピー用紙で自作していきます!

まずは動画で手順を確認しましょう。

ちょっと難しそうですが意外とカンタンで一分ほどで完成してしまいますよ!

まずはお手元にコピー用紙をご用意ください。

まずはコピー用紙を正方形にするところからはじめましょう。

用紙の角を、対角の辺に合わせるように丁寧に折ってください。

余った部分を切り取るので、線を引いて分かるようにしましょう。

線を引いたら、余っている長方形を切り取ります。

これで正方形ができました! もうできたも同然です。

まずこれを半分に折って折り目をつけてください。

横方向にも同じように半分に折って折り目をつけます。

これで上下左右に折り目がついた状態になりました。

続いて、真ん中の線に合わせて折り込みます。

上下同様に折りましょう。

次は左右の端を、真ん中の線に合わせて三角に折り込んで、折り目をつけます。

これを四つ角すべてで行い、折り目をつけていきます。

反対側もしっかり折り目をつけましょう。

そしたらこのフラップ(ぺらぺら)をつかんで、

内側に折り込んでください。

こうなります。できましたか?

対角の角も同じように折り込みます。

このように対角の角が内側に折り込まれた状態になったでしょうか。

続いて、先ほど折り込んだところを内側にくいっとしてフラップを作ります。

このフラップにきっちりと折り目をつけましょう。

そしたら先ほど内側に折り込んだフラップ部分をポケットにして、

新しいフラップを入れる!

こんなふうになります。

反対側も同じようにやりましょう。すると、

これで完成です!

iPhoneもカンタンに置けてナイス! また角度が絶妙で、椅子に座っている状態だとかなり見やすい。YouTubeに最適!

縦置きでも大丈夫です。

さらに先日レビューしたような手帳型のケースを使っている人でも利用できますよ!

手帳型ケースを開いた状態で使えるスタンド製品は意外とないので、愛用者としてこれはけっこううれしい!

また、iPadでも使えるのか試したところ、iPad AirはさすがにダメでしたがiPad miniならバッチリ使えました!

しかし、iPad Airもスタンドを2つ重ねることでなんとかできたので、どうしてもiPad Airをスタンドさせたい人はぜひ!

コピー用紙で作れるiPhoneスタンド、いかがでしたでしょうか。

オフィスや自宅でカンタンに作れてしまうので、ぜひ一度試してみてください。

参考:ORIGAMI SPIRIT

関連する記事