アカウントが乗っ取られているかも!? 不正アクセスされているか確認したいサービスと確認方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.08.02Webサービス

どうもハンサムクロジです。

現在も流行し続けているLINEのアカウント乗っ取り詐欺。LINE側が具体的な解決方法を提示し、アプリのアップデートを重ねていますが、なかなか収束する様子が無いのが現状です。

ただしこのアカウントへの不正アクセスは、なにもLINEに限ったことではありません!

今回は不正アクセスされているか確認したいサービスと、そのサービスごとの確認方法をまとめてご紹介します!!

1.Google

Googleのアカウントにログインされるといろいろとまずいことが多いと思います。特にGmailへアクセスされると、自分だけでなく他人に迷惑がかかることになってしまいますよね。

ということで、自分のGoogleアカウントへのアクセス履歴を見てみましょう。「最近のアクティビティ」ページにアクセスしてGoogleアカウントにログインすれば、すぐにログイン履歴をチェックできます。

ここで、例えば自分が訪れたことの無い国からログインされていたりした場合は、不正にアカウントにアクセスされている可能性が高いです。

パスワードを変えるなどして対応しましょう!

2.Facebook

個人情報の塊であるFacebookも他人にログインしてほしくないサービスのひとつです。

こちらはアプリからログイン履歴をチェックすることが可能。「その他」タブの「設定」を選択し、「セキュリティ」をタップ。

次に「進行中のセッション」をタップ。これでログイン履歴が表示され、現在ログイン状態になっている端末を一覧で見ることができます!

もしここで身に覚えのない端末が見つかった場合は、右側にある「×」ボタンをタップしてセッションを切り、パスワードを変更するなどの対応をしましょう。

3.Evernote

さまざまな情報を保存しているデジタルメモツール、Evernote。これも不正ログインされると恐いサービスです。

Evernoteは「アクセス履歴」のページにアクセスしてログインすればオーケー。すぐに履歴を確認できます。

日本以外からのログインなどがあった場合は、不正にアクセスされた可能性があります。何度も繰り返しますが、パスワードなどを変更して対応してください!

4.Dropbox

さまざまなファイルを同期して保存しているDropboxも狙われると困るサービスです。

こちらは「アカウント」ページにアクセスすることで履歴をチェックできます。ログインして「セキュリティ」タブをタップしてください。

しつこいですが、見覚えのないログイン履歴を見つけたら、パスワードなどを変更して対応しましょう!

ということで、以上4つのサービスについて、不正なアクセスがあったかどうか確認する方法をご紹介しました。

毎日とは言いませんが、一定期間ごとに各ページをチェックすることをオススメいたします。

ぜひ参考にしてみてください!

関連する記事

コメント