【iPhone修理】落として液晶にひび割れが!予算に応じた修理方法3つ+α

2014.08.03てみたーず。

ども!ともぞうです。

あっと思ったら落下していくiPhone、あ〜やっちゃった〜とおそるおそる拾って見てみると無残にも画面がヒビ割れだらけになっているiPhone…。

いや〜想像しただけで恐ろしいですが、悲劇はいつやってくるか分かりません。そんな時のためにヒビが入ったりや割れてしまったiPhoneの画面を修理する方法を予算別に3つご紹介いたします。

イザという時に備えてどんな修理方法があるのか、いくらで修理できるのか知っておきましょうね。

目次

  1. 安心・確実!Appleの公式サポートで修理
  2. 修理費用を安く抑えたいなら非公式の修理屋さん
  3. 玄人限定!壊れたiPhoneは自分で直す!
  4. 今すぐ修理に行けない場合の応急処置
  5. まとめ

読みたい項目をタップ(クリック)すれば、その項目までジャンプする事ができます。

 

安心・確実!Appleの公式サービスで修理

iPhoneの修理といえば、誰もが一番最初に考えるのがAppleでの修理。

Apple care+に加入していれば、2回までは7,800円で修理できるのでささっと修理を依頼して直してしまいましょう。

さて、Apple care+に加入していない場合はというと修理金額は機種によって以下のようになります。

  • iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5:¥26,800
  • iPhone 4s:¥19,800
  • iPhone 4、iPhone 3GS、iPhone 3G:¥14,800

iPhone の画面の損傷の修理 – Apple サポートより引用

急な出費な上に結構痛い金額ですよね…。修理内容は表面のガラスの交換などではなく、本体の交換になる事が多いようです。修理に出す前には必ずバックアップをとっておきましょう。

金額はそれなりに掛かってしまいますが、Appleの保証で本体交換ですから安心感はありますし、修理・交換から90日間の限定ハードウェア保証がつくので修理・交換後のトラブルの心配もありません。

持ち込んで修理できるApple storeもしくはApple正規サービスプロバイダはこちらのページから探すことができますよ。

 

 

修理費用を安く抑えたいなら非公式の修理屋さん

Appleの公式サポート修理は安心だけど、ちょっと急な出費としては痛い!そこで検討したいのが非公式の修理屋さん。

Appleの保証からは外れてしまう代わりに魅力なのはその修理金額。

  • iPhone 5s、iPhone 5c:¥12,800
  • iPhone 5:¥8,800~9,800
  • iPhone 4s:¥5,980
  • iPhone 4、iPhone 3GS、iPhone 3G:¥4,980

サービス料金とメーカーとの比較 | iPhone修理専門【あいさぽ】より引用。金額は修理屋さんによって異なります。

最新機種のiPhone5sでも公式の半額以下、それ以外の機種だとさらにお得な金額になっています。これならまだ急な出費でも何とか出来そうな金額ですね。

さらに非公式の修理屋さんの場合は部品交換なので、本体のデータは消えません。落としていますぐ修理したい!っていうときにもバックアップを取らずに飛び込みで修理に行けるのも魅力的です。

 

 

玄人限定!壊れたiPhoneは自分で直す!

Photo by 分解工房

どうせそろそろ2年経って新iPhoneでるし修理費用ももったいない、分解組み立てに自信はあるという方には部品を自分で調達して修理するという方法もあります。

Amazonで売られている修理用パーツを見てみるとiPhone5s用でだいたい5千円前後。公式修理の1/5と激安ですが当然、自己責任・無保証。

  • iPhone 5s、iPhone 5c:¥4,980
  • iPhone 5:¥5,400
  • iPhone 4s:¥2,300
  • iPhone 4:¥2,180

 

それでも挑戦する方はこちらのサイトが分解の手順を写真付きで分かりやすく解説していておすすめです。
iPhone,PC,Macの分解修理マニュアルWeb[分解工房]

写真で分かりづらい部分はこちらの修理手順の動画で確認できますよ。
iPhone修理方法・動画まとめ【アイフォン修理.com】

▼修理パーツをAmazonで購入する

 

 

▼分解に必要な工具や道具のセットも一緒に購入するのがおすすめです

 

 

今すぐ修理に行けない場合の応急処置

地方に住んでいて近くに持ち込めるApple storeや修理屋さんがない、仕事が忙しくて修理に出す余裕がないなどの事情ですぐに修理に出せない場合もあると思います。

そんな時はこちらのまとめページを参考に液晶保護シートを貼るセロテープで割れた箇所を固定などの応急処置をして、それ以上状況が悪化しないようにしておきましょう。
スマフォの画面が割れた場合の応急処置・修理 – NAVER まとめ

最悪、割れた破片が本体内部に入り込んで他の箇所の不具合につながりかねないので、早めの対処で被害が拡大しないようにするのがポイントです。

 

 

まとめ

Appleの公式修理から自分で直す方法までを予算別にまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

修理方法の選択にベストの選択肢というものはありません。Apple care+に加入しているかどうか、購入してからどのくらい立っているか、次の買い替え予定はいつかによって選択肢は様々です。

もしiPhoneを落として画面が割れちゃったら、焦らず応急処置を施した上で、こちらの記事を参考に修理方法を選択していただきたいと思います。

 

 

関連する記事