【先生必見】ついに学校向けのバカッター発見器が登場!※1アカウント月額4000円から

2014.06.24Twitter
324 324

Photo by eldh

こんにちは324です。

学生やアルバイトなどによるTwitterでの炎上騒ぎが度々話題となっていますが、ついに学校法人向けのTwitterアカウント監視サービスが登場したようですよ!

一体どのようにして監視するのでしょうか…?

特定アカウントを365日監視!

株式会社ガイアックスがスタートしたセーフティプログラム for Twitterは、大学や高校などを対象としたTwitterアカウントの“見守り”サービスです。

これは、まず在籍する生徒のTwitterアカウントを調査・リストアップし、問題がありそうな特定のアカウントのみを365日(目視で)監視するサービスとのこと。

Photo by GaiaX

もし監視対象のアカウントが不適切なツイートを投稿したら、炎上前にレポート化され学校側に報告するというシステムのようです。

料金はアカウント1つにつき、月額4000円からとのこと…。(事前調査費は別途)

ちなみに学校法人だけでなく、企業からの依頼も受け付けるようです。
Twitterでの炎上騒ぎが増える一方で、学校や企業もこういった自衛が必要になってきているのかもしれませんね…。

324はこう思う!
監視する前に個別指導した方が早い気もします。
324
Photo by eldh

関連する記事

Siri擬人化マンガを一気読みしませんか?