iPhone 6がいよいよ量産体制に!? やはり画面サイズは2種類で9月に販売開始か

2014.06.24ニュース

こんにちはkimiです。

Bloomberg經濟日報によると、次期iPhoneとされる「iPhone 6」が来月いよいよ量産体制に入り、9月に発売されるとのことです。

画面サイズが2種類となるかもしれないと以前お伝えしましたが、どうやらその情報も今回のニュースと合わせて報じられているので、ある程度信頼性が高いかもしれませんよ…。

2種類の画面サイズで9月に発売か!?

実は昨年の今頃もiPhone 5sが7月に量産体制に入り、秋ごろ発売とお伝えしていました。その時のソースは今回のソースとは異なりますが、ここ数年の発表の流れをみていると今年も秋ごろ発売であっても何ら不思議ではなさそうです。

また先日、「iPhone 6」は画面サイズが現行の4インチから4.7インチ5.5インチに拡大するという噂をお伝えしましたが、今回のニュースでも画面サイズが2種類あると述べており、これでまた信頼性が高まった感じです。

Bloombergによると、次期iPhoneは9月に小売業者に出荷されると報じています。iPhone 5sは去年の9月20日に発売されているので、次期iPhoneも去年と同時期に発売と見て良いんじゃないでしょうか。

となるとあと3ヶ月。画面サイズ拡大やNFCなど、大きなアップデートが予想される次期iPhoneの発売が楽しみですね!

参考:經濟日報Bloomberg

関連する記事

Siri擬人化マンガを一気読みしませんか?