激安ケーブル使用者注意!Apple非公式品でiPhoneが充電不可になる恐れ

2014.06.20ニュース

photo credit: wwarby via photopin cc

こんにちはkimiです。

オンラインショップなどで売られている激安なLightningケーブルってありますよね。純正品に比べるととても安くてつい買ってしまいそうになります。

しかし、それらの激安ケーブルを使うことで、iPhone内部のチップが壊れてしまい、結果的に修理が高く付くことになるかもしれないという情報が入ってきましたよ…!

非公式ケーブルで内部チップが壊れる!?

イギリスのiPhone修理店『mendmyi』が伝えたところによると、修理を依頼されたiPhoneで「充電できない」という故障が何件かあったそう。

最初はただバッテリーを交換するという修理をしていましたが、今度は交換したバッテリーの残量がなくなるとまた充電できなくなってしまうという症状が発生してしまいました。

photo credit: William Hook via photopin cc

そこでそれらのiPhoneを詳しく調べてみると、どうやら「U2チップ」というiPhone内部のチップが破損していることが明らかになったのです…!

「U2チップ」は、バッテリーを充電したり、スイープ/スリーブ解除ボタンを制御したり、USBにまつわることを制御する小さなチップ。mendmyiによると、こちらがそのチップです。

このU2チップが故障すると、バッテリーが1%以上充電されなくなったり、iPhoneの電源が勝手にオンになったりするなどの症状が起きるようです。

mendmyiは、故障の原因は非公式のLightningケーブルによるものと結論付けました。純正ケーブルには備わっている「iPhoneに流れる電圧を調整する機能」が非公式品にはないため、チップに負荷がかかり故障するようです。

photo credit: montuno via photopin cc

非公式のケーブルはあまりに安い値段で売られていることがあるので、本当に大丈夫なのかな?と不安になることがありますが、こういう情報を知るとやはり純正品が一番ですね。

「安物買いの銭失い」ということわざもありますし、やはり純正品もしくはAppleが認定した「MFI認証」がついたケーブルを買うようにしましょう!

参考:mendmyi blog
kimi
photo credit: wwarby via photopin cc,photo credit: montuno via photopin cc

関連する記事

Siri擬人化マンガを一気読みしませんか?